進学塾の仕事の内容や
求められるスキルとは

進学塾の仕事とは

進学塾は、学習塾のなかでも補充指導ではなく、難関と言われている有名な中学、高校、大学に合格することに特化した塾です。どんなに良い指導をしても結果として生徒が志望校に合格しなければ評価されないため、とてもシビアな仕事と言えるでしょう。

塾でメインとなる仕事は生徒に直接学習指導を行う講師です。一般企業では総合職の正社員に当たる専任講師は、授業の担当だけでなく、時間割やスケジュールの管理、掲示板などの教室の整備なども行います。なかでも、志望校受験に関する悩み相談、生徒や保護者との面談、アドバイスは重要な仕事となります。

契約社員のような雇用形態で学習指導を行う準専任講師もいます。日数や時間を限定した形で勤務を行い、教科指導がメインとなります。将来教職や公務員を志望する人も多いようです。また、現役大学生や大学院生などがアルバイトとして指導を行う時間講師もあります。進学塾の場合は、難関大学現役生が指導することを大きな目玉にしていることも少なくありません。

進学塾では子供を直接指導することはない職種も存在します。生徒の募集や入塾相談、学習計画の立案サポート、学習進捗状況の確認や管理、相談、進路指導全般などに関わることを仕事とする教室運営スタッフもいます。また、保護者からの問い合わせや要望への対応、成績データ入力、資料作成などの一般事務作業を行う受付事務の仕事もあります。今回は、生徒の志望校合格に大きく影響を与える進学塾の講師について仕事内容やスキルについてみていきましょう。


◆ 関連リンクの紹介
進学塾よりも手厚い指導を望む場合には、家庭教師が良いでしょう。気になる相場については、家庭教師の様々なプランがあるこちらのサイトを参考にしてみてください ⇒ 家庭教師 相場